卒業生の声

夢を実現した先輩たち

平野 千晶さん (佐賀県農業協同組合/情報ビジネス科2016年3月卒業)

写真 高校卒業後就職を考えているなら、情報ビジネス科を薦めます
 現在、佐賀県農業協同組合の金融部署で働いています。事務職を希望していたので、夢は叶えられていますね。
社会に出て、情報ビジネス科で学んだことはとても役に立っています。金融の仕事なので、「簿記」で学んだ[借方/貸方]がわかることは、新人時代は特に有利でした。電卓やタイピングのスキルも、身につけていると重宝するシーンが必ずあります。また、「教養」の授業で学んだことは、何ひとつ無駄になっていません。社会に出て仕事の多くが「お客様」「取引先」や「サービス」に関係すると感じているのでなおさらそう思います。清和ならではの授業なので、高校時代にしっかり学んでおくといいですよ。
仕事は楽しいことばかりではありませんが、お客様から笑顔で「ありがとう」と言われるとやりがいを感じます。「前回のあなたの対応が良かったから契約に来ました」と言われたときは、一番嬉しかったですね。

望月 京保さん (薬剤師 株式会社アルナ薬局勤務)/探求文理科2012年3月卒業)

写真 社会で求められる礼儀作法を、高校生で身につけられる学校です。
 清和を訪問すると、驚くのが、在校生が必ず挨拶をしてくれることです。当時は自分もやっていたはずなのに、挨拶を受ける立場になると、改めて「すごい」と思います。礼儀など社会で求められることを、高校生のうちから教えてもらえることは本当に有り難いですね。社会人として、薬剤師として、今年度で2年目を迎えますが、礼儀やマナーは患者様の応対や業務にとても役立っています。
薬剤師となって最初の1年間で感じたことは、患者様との関わりを通じて、自分には研究職よりも人と接する仕事のほうが向いているな、ということです。薬の効果や仕組みを知ることにも面白さを感じているので、薬剤師という仕事を選んで良かったと思っています。今後は、薬剤師としてのレベルアップを目標に、がんの治療薬や生活習慣病の薬など、特定疾病に特化した知識を求められる資格の取得を目指していきます。


 

佐賀清和学園

Copyright© 2010 SAGA SEIWA GAKUEN All Rights Reserved.