学校長の挨拶

 

理事長・校長

 平成29年度、新たな1年がスタートしました。  

 新入生を中学校に58名、高校に428名迎え、生徒総数は中学校が179名、高校が1136名になりました。教職員も入れ替わりがあり、教職員総数125名となり、この新しい組織で、学校運営と教育活動が始まります。保護者のみなさまや地域のみなさまには今年度も変わらぬご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

 現在まで106年の長きにわたり清和が学校として続いてきたのも、多くのみなさまのご理解とご協力があったからこそです。このことを肝に銘じて教職員一丸となり更なる努力を重ねてまいります。

 教育とは地道な取り組みを組織的かつ丁寧にやり続ける息の長い活動です。奇をてらうような単発的な活動を繰り返しても効果は期待できません。私学である本校には建学の精神、すなわち創立者の思いがすべての教育活動の核の部分にあります。その精神に基づいて、心豊かな人物の育成をめざしていきます。また、小学生や中学生が希望の進学先として選んでくれるように、輝きを失わないように精進してまいります。

 3月下旬には国公立大学の後期試験の結果も出て、長かった国公立大学への挑戦が終わり、今年度の国公立大学の合格者数は33となりました。
 大阪大学、九州大学、広島大学、熊本大学、長崎大学、宮崎大学、佐賀大学などに挑戦し合格を勝ち取りました。
 合格の喜びに浸る者がいる一方で、残念な結果を静かに受けとめ、捲土重来を期す者もいます。
 合否を分けるのは何でしょう?
 生徒たちには、時間は待ってはくれませんから、感情をコントロールして、最後まであきらめない強い気持ちを持って、一人ひとりが、それぞれ納得する形で自分の受験を全うしてくれることを願います。できる限りのことをし尽くして、高校生活を完遂してほしいものです。

 今年度もさまざまな挑戦をしていきます。生徒と先生が一体となり、真摯に努力をしてまいります。

  

2017年4月1日  校長 陣内恵二

⇒最新の『学校長の挨拶』へ戻る

 

佐賀清和学園

Copyright© 2010 SAGA SEIWA GAKUEN All Rights Reserved.