学校長の挨拶

 

理事長・校長

 青葉若葉を渡る風が快い季節となりました。  

 4月から新しい学校や職場で、新しい環境での生活を始めた卒業生たちは、生活のリズムも整い落ち着いてきた頃でしょうか。新しい舞台での順調な滑り出しを祈っています。
 本校でも進級した生徒たちはそれぞれ清和で過ごした分の成長が見られます。今年度も目標を掲げてぶれずに努力を重ね、さらに成長してくれることを期待します。
 新入生たちは最初は不安もあったと思いますが、一人ひとりが、安心して通えて、落ち着いて学べ、自分の居場所がしっかりある学校であることがわかってきたはずです。これからさらに学校になじんで清和生としての誇りを持って楽しく学校生活を送ってくれることを願います。

 毎年4月は公立中学校へ新年度のあいさつに伺います。
 受験のお礼と今年度の本校が実施する生徒募集の行事日程等をお知らせします。県内外合わせて90校近くの学校を訪問しますが、お忙しい中、応対をしていただいた校長先生をはじめ諸先生方には感謝いたします。これからは年間を通して、各担当がご案内や配布物をお届けにまいります。
 今回の学校訪問でも卒業生と会うことができました。毎年必ず何人かの卒業生と会います。双方のタイミングが合わないと実現しませんが、短い時間、言葉を交わし、近況報告をし、授業へと向かっていきました。同じ先生として頑張っている卒業生との再会にはこちらも元気をもらいます。

 新校舎は4年目を迎えていますが、旧校舎のあった与賀町に残していた女子寮が新校舎から徒歩10分ほどのところに新しく完成しました。もの作りのスペシャリストによるデザイン、建築によりすばらしい施設ができました。全50室、定員56名の快適な生活空間です。長く大切に使いたいと思います。
 これを機に長い間お世話をいただいていた寮監・寮母さんの交代もあり、現在、中学生・高校生合わせて50名が暮らしています。50の個性が一つ屋根の下で共同生活をします。生徒たちには寮則を守り、日頃の生活を通して社会に出ていく準備をしっかり整えてほしいと思います。この新しい寮が、学びの拠点、知の拠点、コミュニケーションの拠点として機能し、ここから社会に羽ばたいてほしいと思います。入寮希望者が殺到するあこがれの寮になることを期待します。

  

2017年5月1日  校長 陣内恵二

⇒最新の『学校長の挨拶』へ戻る

 

佐賀清和学園

Copyright© 2010 SAGA SEIWA GAKUEN All Rights Reserved.