学校長の挨拶

 

理事長・校長

 7月に入りました。
 1年の半分が終わったことになります。そして、暑い夏がやってきます。生徒たちは暑さに負けず、1学期をしっかり締めくくってくれると思います。特に高校3年生にとっては進路実現に向けて勝負の夏になります。夏の頑張りが、秋の実り、春の微笑みへとつながります。

 6月は県高校総体がありました。
 連覇を遂げた部、決勝で惜しくも敗れた部、来年の雪辱を固く誓った部、初出場で新しい歴史を開いた部。
 今年も生徒たちはよく戦い、優勝旗3本を持ち帰り、九州大会やインターハイに駒を進めました。個人の優勝や入賞の賞状は枚挙に暇がありません。生徒たちの日頃の努力を称え、顧問やコーチ、支えていただいた保護者のみなさまに感謝いたします。
 今年のインターハイは南東北3県で開催されます。福島県でのソフトテニスと男子ハンドボール、山形県での体操、宮城県での相撲に本校から出場します。
 現在も東日本大震災の復興が続く各地で、若さあふれる爽やかな全力プレーで、見る人に勇気と元気を与えてきてほしいと思います。全国から集う高校生たちの底力に期待します。最近のスポーツ界では高校生の活躍には目を見張るものがあります。その中から2020年の東京オリンピックでも活躍する選手が出てくるでしょう。
 今回、全国の切符を逃した部においては、来年の雪辱を期し、この暑い夏にいっぱい汗をかいて、力を蓄えてほしいと思います。

 文化部のインターハイにあたる「全国高等学校総合文化祭」が、今月末、宮城県で開催されます。本校から吹奏楽と放送、書道、弁論、将棋に生徒が参加します。
 全国から2万人規模の高校生が集まる芸術文化の祭典です。来年は長野県、そして再来年、第43回大会は佐賀県での開催です。現在の中学校2年生と3年生、高校1年生が主役になります。

 運動部と文化部、ともに本校では多才な人材が集まり、切磋琢磨しながら練習に取り組み、大きく成長しています。ぜひ一度本校に足を運んでいただき、頑張る生徒たちの様子を見ていただければと思います。そして、清和から全国へと羽ばたいてみませんか。
 清和では、中学校が7月23日に、高校が8月3日、4日に体験入学を計画しています。たくさんの方の参加をお待ちしております。

  

2017年7月1日  校長 陣内恵二

 

佐賀清和学園

Copyright© 2010 SAGA SEIWA GAKUEN All Rights Reserved.