理事長の挨拶

 

佐賀清和学園理事長 富吉賢太郎

 6月は高校総体。
 高校生たちが一番輝く時。鍛え抜かれた技、若々しい体躯。まぶしいばかりです。
 さて、スポーツ部活で頑張っている皆さんたちが、今日ここにあるのは、連日の厳しい練習があっての事ですが、同時に、皆さんたちを懸命に指導してくれた監督さんや顧問の先生のお陰だということを決して忘れないでください。先生たちへの感謝を胸に頑張ってほしいと思います。先生たちへの感謝の心が、いざという試合の場面できっと大きな後押しとなるはずです。
 「一源三流」という言葉があります。いろんな意味、解釈があると思いますが、「一源」とは一つの源(みなもと)、それは感謝、誠と言っていいでしょう。そして「三流」とは3つの流れ、感謝・誠から流れる三つのもの‥‥。「汗」と「涙」と「血」です。
 「汗」は鍛錬の汗、努力の汗。
 「涙」は苦難に耐える苦しさの涙、それを乗り越えた喜びの涙。
 「血」は命をかけて打ち込むこと、懸命に鍛える例えと言っていいでしょう。
 要するに感謝を源にした「強烈な努力」の大切さを教えたもの―と私なりに解釈しています。努力は決して裏切らないということを信じて、頑張ってください。そして、次の全国インタ―ハイを目指しましょう。
 佐賀に「清和」あり。全国に「清和」の名を!
 そして、来月は佐賀で初めて開かれる全国総合文化祭です。今から心ワクワクです。総合体育祭同様に応援に行きます。

2019年6月1日  理事長 富吉賢太郎

 

佐賀清和学園

Copyright© 2010 SAGA SEIWA GAKUEN All Rights Reserved.