学校法人 佐賀清和学園

理事長あいさつ

Chairman greeting

理事長

2019年9月

「一瞬の夏」。夏はアッという間に過ぎ去って行きますね。
♫湘南引き潮 砂の中のサンダル にぎわった海の家を 秋風が消していく・・
この寂しすぎる愛唱歌を歌いたくなる気分です。

さて、先月、佐賀県私立中学校高等学校の教育研修会が佐賀市でありました。私は国語部会に参加しましたが、先生たちの研究発表は素晴らしいものでした。
「漢字検定における合格体験をさせる取り組み」(佐賀学園)「基礎学力~書道との連携」(北陵)「テキストの異同 その解釈と意義」(早稲田佐賀)。
 そしてわが佐賀清和は「伊勢物語『芥川』を用いた言語活動」。あの伊勢絵物語の場面ごとに登場する「男」と「女」の人物像を考察するだけでなく、物語の書き換えが実に興味深かった。「男」と「女」の主人公を入れ替えて現代小説風に書き換えたり、英訳にも挑戦。また佐賀弁に変えたり、絵本や漫画に仕立てたり‥。大げさな言い方になりますが、「今の中高生たちはこんな国語の授業を受けているのか。私も受けてみたい」と感動しました。
 先生たちの切磋琢磨。先生たちに負けないよう学園生すべての皆さんの頑張りを期待しています。

          ◇       ◇

「佐賀清和学園」は1911(明治44)年4月、佐賀市与賀町に校主内田清一氏が創立された「私立実科女学校」が始まりです。その後、1924(大正13)年に「佐賀清和高等女学校」と改称。戦後の学制改革に沿って1948(昭和23)年「佐賀清和高等学校」となり、現在の学校法人となったのは1951(同26)年のことです。
 近代日本の歩みそのままに明治、大正、昭和を経て平成から令和と、時代の変化に対応して今日にあることを誇りに思い、改めて本学園の歴史と伝統の深さ、重さを感じております。

女子教育から男女共学へ。また佐賀県内ではいち早く中高一貫教育に取り組んだ本学園の建学の精神は「人間性の涵養」。教育理念は「明」。そして、生活実践は「和顔愛語(わげんあいご)」。
 学業の向上だけでなく、人として一番大切な教養・品格、礼儀・作法を身につけること。また「明」とは、自分自身へリフレインする「聡明であれ!」「明朗であれ!」という心のありよう。そして日常の合言葉は「常におだやかな笑顔と思いやりの言葉を」
 中学、高校時代。長い人生において、この時期ほど心身の成長著しい年頃はないと思います。歓喜の達成感もあれば、時として打ちのめされるような挫折感を味わうこともあるでしょう。そのすべてが後々、「清和」に縁あった子どもたちの宝物になるような教育を心がけたいと思います。 

2019年9月1日  理事長 富吉賢太郎

≫最新のあいさつへ戻る

理事長写真

アクセス

お問合せ

佐賀清和学園

佐賀清和中学校・佐賀清和高校

TEL 0952-37-5400

info@sagaseiwa.com

〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北2丁目14-1